~「美味しい」蕎麦を生み出すための条件~

  • HOME
  • コラム
  • ~「美味しい」蕎麦を生み出すための条件~

横浜でミシュランの星を獲得した評判の蕎麦屋をお探しなら

「美味しい」蕎麦を生み出すには何が必要?

<p>「<em>美味しい</em>」蕎麦を生み出すためには、使用する素材を厳選する必要があります。蕎麦は、蕎麦粉と水という非常にシンプルな材料で作るため、それぞれの素材にこだわることで「美味しい」蕎麦ができあがります。</p>
<p>【手打そば風來蕎】では蕎麦の実を1年間美味しい蕎麦になるよう温度管理を徹底されている農家さんからお取り寄せしています。</p>
<p>また、蕎麦を製粉するときは高温にならないように、常に注意を払う必要があります。摩擦熱が出にくい石臼なら蕎麦粉を低温に保つことができるため、風味が損なわれません。その日の使用する分のみを店内にて製粉しております。</p>
<p>水に関しましては、NASAが開発した『逆浸透膜システム』の浄水器でろ過した水を使用して蕎麦を打っているため、蕎麦の香りと食感がそのまま伝わる手打ち蕎麦が提供できます。</p>

美味しい」蕎麦を生み出すためには、使用する素材を厳選する必要があります。蕎麦は、蕎麦粉と水という非常にシンプルな材料で作るため、それぞれの素材にこだわることで「美味しい」蕎麦ができあがります。

【手打そば風來蕎】では蕎麦の実を1年間美味しい蕎麦になるよう温度管理を徹底されている農家さんからお取り寄せしています。

また、蕎麦を製粉するときは高温にならないように、常に注意を払う必要があります。摩擦熱が出にくい石臼なら蕎麦粉を低温に保つことができるため、風味が損なわれません。その日の使用する分のみを店内にて製粉しております。

水に関しましては、NASAが開発した『逆浸透膜システム』の浄水器でろ過した水を使用して蕎麦を打っているため、蕎麦の香りと食感がそのまま伝わる手打ち蕎麦が提供できます。

横浜でミシュランの星を獲得した評判の蕎麦屋

<p><strong>横浜</strong>で<strong>ミシュラン</strong>の星を獲得した蕎麦屋をお探しなら、ミシュランで5年連続星を獲得した横浜市の【手打そば風來蕎】をご利用ください。自慢の手打ち蕎麦は、多くの方に<em>評判</em>をいただいております。</p>
<p>蕎麦といえば、鴨南蛮などの鴨肉を使ったメニューが人気ですが、【手打そば風來蕎】ではクセのない国産のフレッシュな鴨を使用しています。</p>
<p>低温調理で柔らかく仕上げておりますので、ご高齢の方でも簡単に噛み切れるのが特徴です。臭みがなく柔らかい鴨肉が味わえる一品料理もご用意しておりますので、横浜にお越しの際はぜひミシュランの星を獲得した【手打そば風來蕎】へお越しください。</p>

横浜ミシュランの星を獲得した蕎麦屋をお探しなら、ミシュランで5年連続星を獲得した横浜市の【手打そば風來蕎】をご利用ください。自慢の手打ち蕎麦は、多くの方に評判をいただいております。

蕎麦といえば、鴨南蛮などの鴨肉を使ったメニューが人気ですが、【手打そば風來蕎】ではクセのない国産のフレッシュな鴨を使用しています。

低温調理で柔らかく仕上げておりますので、ご高齢の方でも簡単に噛み切れるのが特徴です。臭みがなく柔らかい鴨肉が味わえる一品料理もご用意しておりますので、横浜にお越しの際はぜひミシュランの星を獲得した【手打そば風來蕎】へお越しください。

横浜でミシュランの星を獲得した【手打そば風來蕎】は昔ながらの料理も楽しめる

横浜でミシュランの星を獲得した【手打そば風來蕎】では、くじらやイノシシのお肉を使った昔ながらの料理も提供しております。現在、食卓でよく食べられているお肉といえば、牛や豚、鶏肉の3種類ですが、昔の日本ではイノシシや鹿、くじら、鴨などのお肉を食べるのが一般的でした。

しかし、今ではそれらのお肉を食べる機会は減ってきています。【手打そば風來蕎】で、くじらの竜田揚げやイノシシ料理などのジビエ料理を食べて、日本の歴史と文化を感じていただければ幸いです。